いわゆるセンターショット的なまっすぐの配置で、1から5までの距離で、どれが難しいんでしょう?

 

普通のセンターショットは2ですが、それよりも手球に近いパターン(1)と遠くなるパターン(3から5)があります。

これ、ツイッターでラガマタさんが書いていて少し考えてみました。

まず、直感的には1か5が一番簡単そう。2は慣れているから、実際には一番簡単な可能性がありそう。

ただ、実際に穴から近い球って簡単なイメージがあるので、ぱっとでいえば5,4,3,2,1の順かん?ただ2は実際には3よりも簡単なんだろうな、と思いますが..

 

そういえば、この配置の受けの広さを計算しようかな、って何度も思ったことあったんですが、したことなかったですね。また、してみよう(というフリを残して、今日はここまで)