まず、前回の「抜く理由」という記事でコメントをいただきました。

匿名とありますが、おそらくゆたかさんのコメントだと思います(ちなみにブログのシステムをアップデートしたら、コメントしたユーザ名をチェックいれないと覚えなくなるという仕様変更が有りました。申し訳ございません_o_)

これくらいのセンターから僅かにズレたアツいヤツ
気を付けないと前クッションとかはいります
気を付けすぎるとまた身体が硬くなってとばします
 イマジナリー10ボールであんまり考えないようには撞きますけども、、、
シュートする強さもありますよね
 わたしも慎重に慎重にとなると、
ショート気味な感じでひどいヒネリも入り明後日の方向へと的球が向かい、
お相手も「????」「なに狙い????」となることが稀にあります笑
 上の図だと幸い得意な右推しが使えるのでシュート率はほぼ100です
 こんなんヒネッてちゃダメですけども笑
ま、イマジナリー10を配置してると言うことでそこは大目にみて( ̄∇ ̄;)
しかし逆の配置だとやはり慎重になります
硬くなりがちなんですよね
 もともとアツい球はそんな好きではないですが、
 厚みを見るときに具体的なポイントを見定めて身体を安心させてから撞くというのが自分には良いと感じてます
具体的なとは、
 的球の番号などの模様が見えてればその模様のどの部分に向かって撞く、とか
 あとポケットのとこまで行って、受けの感じ、アングルがハの字になりすぎてカコりやすくなってないか
 ちょっとくらいの前クッションなら受けてくれるのか
確認するとやはり安心するような気がします
自分をダマしダマしやることで緊張をほぐしてやってます

まあわたしは自分をある部分は信用してて、またある部分は信用してないんですね笑笑
そう行った意味で自分に打ち勝つために所によってはダマしダマしする
 そうすることでトータル的に9番をとばしにくいようには工夫しています

参考にもならんかもしれんですが( ̄∇ ̄;;)

ぼくは左右差はおそらくこの配置では少ないと思っていますが、100%というのは素晴らしいですね。

この状況でこの配置のシュート率どのくらいだろう?と自問してみると、おそらく6割はある8割はもしかするとあるかもしれない、9割は絶対ない、と思ってます。こう感じているというところは実際のところ6,7割といたところでしょうか。

ノープレッシャーで1人練習の時ならば9割はあると思うけど、95%は入らないと思います。

そして、この抜き方(キューを置きに行くような)について考えてみると、仮に10球中抜いた3球のうち、このミスの割合は2割くらいな感じでしょうか。ということは、この状況、この配置で、5,6%くらいがキューを置きに行くような撞き方のミスといったところだと思ってます。

ノープレッシャーのときはどうかな?、と思ったのですが、1割のミスのうちの2割(2%)このミスをしているかといったら、もうちょっと確率低い気がします。やはり、状況依存のミスの可能性が高そう。

そう考えると、このショットの対応としては、ノープレッシャー時のシュート率9割を95%に上げる、ではなく、プレッシャー時のミスをそれぞれ対策する、という方が効率がよさそうです。

じゃあ、どう対応するんだ?、と。

上のコメントでもあるように、

>気を付けすぎるとまた身体が硬くなってとばします

これはありそうな気がするんですが、単純に身体が硬くなるっていうのを、キューを置きに行くのは違う気がするんですよね、わたしの場合。

もちろん、この2つは密接につながっていそうな気もしますがどうつながってるのか不明。そして、その対策として

>自分をダマしダマしやることで緊張をほぐしてやってます

というのはたしかにあるかもしれない、と思いました(このコメント読んで) 例えばこういった状況で、素振りを慎重にする、アドレスを丁寧にする、っていう対策をとることはありますが、例えば深呼吸するってのは有効でしょうが、全然してませんでした(明らかにキテるときはするけど、それは今回の話とは違うミスかなー)

あとは、前回の記事で書いていたように、少し「しっかり撞く」こと。これは、今回のようにキューをお気にいってしまうような配置の際に少しテイクバックを大きめに取るということを考えています。

といっても、「少し」大きくとったつもりが、「かなり」大きくなるというミスはよくありますし、それによってレール際の場合などにショットスピードが早くなって抜くというなら、どちらがメリットが大きいのか考えなければなりません。

あ、よく考えたらこのキューを「置きにいく」というミスをした時に、「置きにいく」動作がどういったことであるのか(テイクバックなど)を検討しないといけないのかも知れないですね。

そして、ガクさんのコメント
 

私の場合この配置で抜くパターンはなんとなくねらってスパーンと撞いて長クッション側の角に当たりカタカタですね。
ちゃんと穴の中心をねらえば問題ないんですが、いい加減に撞くと厚めになります。
 流し込む力加減なら角に当たっても入るんですが、厚めでスパーンと撞くとやってしまいます。
なすみそさんが仰るように置きにいく撞き方だとなぜか薄く抜くことがありますね。
やはり程よい力加減でストロークやや小さめでしっかり撞くのがベストかなと思います^^

穴の真ん中を狙わないというのと、全厚で的球にあててしまうというミスは、別のミスですがよくあります(そっちのミスの方が多い) これってわたしの場合は状況に関係なく多いミスな印象があります。

おっしゃるように程よい力加減ができればいいのですが、常に程よい力加減っていうのが難しいですよね。ここを精神的なものやショット「時」でなく、アドレスやフォームを作った時に上手く制御できるといいのですが..

あ、本当のここ一番のときにはアドレス前に腕をイメージした力加減で素振りするということで加減はコントロールできるのですが、時間がかかりすぎるので、力加減が超微妙なショットでしか行っていないルーチンになります ><)

と考えると、自分の場合は構えてからの、ショット直前のすぶり(プラクティスストローク?)と、実際のショットがバラバラになっていて、それが問題という可能性がある気がしてきました。

 

実はこの記事を書く前に、緊張しても全体的にショット速度を落とさないために、と思ってあえてボウラードをやって、残りの2球くらいで少しテイクバックを大きくしてショットをするということをやってみたのですが、あまり違いがわかりませんでした^^;; こんな練習のつもりでやってるからか、やはりボウラードのストライクと、調子悪かったところからの復活してあまり知らない相手との相撞きでのマスワリの9番じゃ大きく違うようです ><) 参考にならんかったー。