一人で練習する時は固定の配置を練習することが多いですが、バラ球を撞くこともあります。15個ばらして、1から撞くか、14.1をハイランチャレンジ形式(1つのボールと手球をフリーで開始)です。

これまで15個バラ球の場合は手球フリーからやっていました。この手球フリーは取りきりやすい感じに置いていましたが、あるところに「この手球フリーは、少し難しいチャレンジングな課題にしろ」とありました。成功率が50-60%になるように、と。

たしかに普通の9ボールや10ボールでの1番で、セーフティーには行っちゃダメといった攻めのシチュエーションがあると思いますが、そのくらいの配置にしておいて練習するというのはアリな気がします。

なるほど。