今年のダービーシティーの14.1のハイランチャレンジ関係のビデオをいつものDennis Walshがアップしてくれてますね!

めっちゃたのしーっ、と思ったけど時間が取れてなくて全然見てません ><)

これについては別途記事をアップする予定です。ところでこれに関連していつものように14.1談義のメッセージのやりとりをしていたところ、「結局、トッププロの14.1って難しい球を撞いていないのではないか?」という疑念が。

いや、その疑念はフェイエンの14.1を見てるあたりからあったんですが..

 

例えば、モスコーニは手球をラックの横から手球を当てて割る時に、フット側に近い球で割りますよね?これだと、埋まってしまうリスクはないですし、最悪ショットは残ります。一方、最近はヘッドに一番近い球で、しかも薄めにドンと割ることが多いと思います。ラックが悪かったりすると埋まる可能性もありますが…いや、十分に薄ければ埋まりはしないですね。

これって、セルフラックになったし、コンディションもしっかりラックが立つコンディションが増えてきて、安定して割れるようになってきたからでしょうかねー。

 

さて、わたしの目標はハイランチャレンジ形式でのハイランですから、そう考えるとたしかに頑張ってこなしてく能力を磨くのも大事ですが、むしろ薄めにいって、ドンと割ることを目指す方がいいような気がします。ちなみにポイントは、「アベレージでなく、ハイランが目標」なんですからね!^^;;

 

とここまで考えると要は、薄い球を入れるのが最大のポイントのはず。これまでも「入れ」のさいに狙いがアバウトだなー、と思ってましたが。これを改善するのが、今の最大のポイントじゃないか?、と今さら気づきました。

(続く)