キューの重みで撞くという言い回しをよく聞きます。あれ、どうなんでしょうか?実際にキューの重みで撞くのと、キューの重みでないので撞くのは分かるんでしょうか?

なんとなく、キューをこじったりしてたら、手でなんかしてる感じがします。また、キューを置きにいくような撞き方もキューの重みで撞いていない気がします。一方で、こういったことをしていない、きちんとした撞き方は、腕で何かをしていない感じもあるので、キューの重みで撞いているとも言えそうです。

ということは、キューの重みで撞くというのは「いい感じで撞く」という意味と捉えてもいいでしょうか?

それとも、キューの重みで撞くのと、腕で撞く、の両方ともいい感じで撞くことができるのでしょうか?
ぼくはキューの重みで撞くという感じはわからないのです。たしかにグリップや手首のスナップを意識的にしたり、もしくは意図的に全くしないようにしたりというのはあります。特にほとんどキューを握らない(手に乗せてるだけ)ショットを多くの方よりも多用するので、それはキューの重みで撞いている、とも言えそうです。

で、この記事の主張のポイントは何かというと、先日会った知人(B級下くらい)が、「キューの重みで撞くように」と人にいわれて、なんか変なストロークを模索していたからです。普通にストロークすればいいのに、なんかキュー立てすぎ…それはたしかにキューの重みを使う(位置エネルギーを使う)ことにはなりますが、そういう意味じゃないだろう、と。

「キューの重みで撞くように」といわれた場合は、文字通りに「キューの重み」を使うのでなく、「なにかストロークがおかしいよ、非標準的でなめらかじゃないよ」くらいに捉えた方がいい気がしてます。