弾力のあるXX理論

弾力のあるXXという時に、弾力があるとうまいこと、スピンだけ増えるというイメージを持っている方がいらっしゃいます。

仮にキューやタップが横にそれないとしたら、手球にかかる力はこうなるでしょう。たぶん!

ちなみにこれ、引き球を完全にキューを水平にして撞くという想定がありえないのですが、話を簡単にするためなので、ご了承ください。

まず、この状況でキューがまっすぐ左にきた場合に、キューの力(赤)は、手球の中心にかかる力(青)と、手球の回転(青)に分かれます。そして、手球の中心にかかる力(青)は上に跳ねる力(緑)と前に進む力(緑)に分かれます。

つまり、キューにかかってた力は、手球が進む力と、手球を回転させる力の2つに分かれる訳です。

この回転させる力と、中心にかかる力のバランス(スピン効率)は、撞点のみに依存します。つまり、キューが手球に弾かれないという想定で考えると、タップやシャフトの弾力はスピン効率に関係ないことが分かるはずです。ここで、タップが手球に食いつこうが食いつくまいが、うまいことスピンだけ増えることはないってことですよね。

ただし、これはあくまでもキューがまったく弾かれないという想定な訳です。では、実際にはどうなっているのか、は次回のネタです。