先日書いた、厚い球、行けるか我慢かの続きです。

この記事を読めば、つまり以下の配置の場合にどういう厚みで力加減なのかわかるってことですよね?

 

とても厚いのだけど、ドンと横に少しだけ転がしたい球。ありがちですよね?ちなみに青いラインのように押しでワンクッションするならば、以前書いた90度ルールとダシ その2の記事を読めば狙いが分かります。まぁ、押しもいいけど、横に弾きたいことありますよね?

この時は、的球から1ポイント先(もしくは2ポイント先)で、どまっすぐよりも2cm左の点に向けて的球を転がすようにする、みたいに私は狙っています。力加減は固定(2種類くらい使い分ける)

こうしておけば、2つくらいの力加減で、横にどれだけの比率で転がるかを覚えておけば、穴フリの範囲が分かりますよね?まぁ、実際には力加減は2種類といっても、よりちょっと強め、とか、よりちょっと弱め、とかもしますけど。

あとこういう球。7番に厚くなっちゃった球で、8番はストップさえすればいいので、レールから球1つ(か2つ)浮かしたい時。

普通に撞けば十分なのに、バチコーンと撞いて外したり、逆に普通についてレールにくっついたり、なんてことがあったりしませんか?

 

こういう球もフリが分かってれば大丈夫ですよね?

上図で黄緑の線がポケットライン(わたしの用語ポケットの中心(穴振らない時)と的球を結ぶライン、イメージボールの中心も通る)、青色がシュートライン(イメージボールの中心と手球の中心を通るライン)です。2つの直線はイメージボールの中心で交わります。ということは、左の短クッションから見ると約5ポイント。

そして左の短クッションで見ると2つの直線の間はボール1つくらい。つまり、この球のフリは1ポイントあたり球0.2個くらいのフリってことですね。

だとすると、球2個横にずらすためには、普通のやや強めくらいの力加減でちょうどいいってことが分かります(わたしの基準の力加減で)

ちなみに上図の場合はノークッションの出しですが、ワンクッションさせる場合は、クッションの反射係数を0.5と想定して考えるので、1クッションして球2個転がすのは球4個転がすという力加減になります。なので、上図で、この厚みでワンクッションさせる場合は結構ハードに撞かないといけないので、わたしならそれを選択せず押すか引くかして、次が土手撞きのつもりでいきます。

ということは、この7から8への出しで、8を上のコーナーに行くか、下のコーナーに行くかも同様ですね。

まぁ、なんとなく、紫のラインは大変そうだな、って気がしますけど。

 

これも、ポケットライン(図の白)と、シュートライン(図の黄緑)を引いてみます。左の短クッションを基準で考えて、5ポイントの距離あってフリが、球4個分くらいでしょうか?ということは1ポイントで球0.8個のフリ。やや弱めで撞くと、ちょうど0.5ポイントくらい横にいく感じでしょうか?ということは青ラインくらい。そこまで走らないかな?、みたいな感じでしょうか?しっかりつけば3ポイントくらい走るので紫ラインも可能ですが、的球がレールに近くてカタカタの可能性が増えるので私なら青ラインですね。

こんな感じで、厚さの基準を作っておくと、球を見た時に、自分なりにこれは、こっちサイド、これはあっちサイドってのが分かります。まぁ、実際には下の配置図みたいなのは、こんなこといちいち考えていなくてぱっと見てやってますが、基準となる考え方はこんな感じってことです。

(このブログはもともとB下くらいの人向けのブログなんで、そういった人向けに書いてます。特に「システム・球の動き」はラインがいまいち分かってない人向けに書いてる記事となってます)