最近、センターショットの成功率が80%くらいです。

先日書いた、押しと引きのレストの形の違いでブリッジの場所が左右にブレるという件もあります。こういったことを調整していると当然、シュート率は落ちます(シュートに集中するよりもフォームの修正してるから)

まぁ、センターショットは入れる練習なのか、という話があります。

これ、私にとっては入れる練習ではあるものの、入る・入らないが評価対象ではないというのがあります。少なくとも入ればオッケーでなくて、思ったフォームで構えたか、思ったようなキュー出しができているか、手球の押し加減・引き加減が適切なのか、が的球をしっかり入れた上で(しばしば入っていなくても)行えたかどうかという確認になります。

と言いつつも、こんな説明をしたところで、センターショットの成功率は80%程度な訳です。

また、襲いかかってくる、「B級からやり直したら?」という心の声と戦う日々がやってきたようです。