KozoomのXavier CarrerがフェイスブックでKozoomこそがスリークッションの価値を高めてきた、と書いています。

まぁ、内容は韓国のPBA&キムチビリヤードvsUMB&Kozoomの戦いって話です。

この書き込みの中に図があったのですが、これがなかなか..

これはメディア露出と、UMBのメディアの価値と、スリークッションのワールドカップ等の賞金に関するものです。

まぁ、この図はイメージ的なものでもあるし恣意的なものでしょうから、ここから因果関係などを読み取るといったことは考えていません。(だいたいよく見ると縦軸とかめっちゃ変だし、2018年の1200Kと1426Kのバランスとかどうみても変)

で、この図の何がポイントかというと、図の黄色のところが試合の賞金、水色がUMBのメディアの価値です。

これを見るとUMBのメディアの価値はほぼ賞金額と比例しているといったことが読み取れます(因果関係は不明!)

Kozoomは最初はそもそもビリヤードの試合にカメラさえなかったと書いていますし(実際にそうだったと思います)、個人的にはKozoomのビデオ(も)解説があまりなく、どうかなー、みたいなものも多いですが、それでも複数カメラだったりする番組も増えてきていたりと、「見える」レベルになってきていたと思います。

思ってることはいくつかあるのですが、今回は情報提供だけってことで。