カテゴリー
雑談

驚きのネタのなさ

驚くくらいネタがありません。撞いていないのかというと3日に1回くらいは練習しています。

こんな球とか。

(実際には手球は左の短クッションから球2つくらい離したとこ)

あとは、フリのある球を出す練習でしょうか?自分の下手さと向き合ってます。

やらないと下手になるのは確定として、やってうまくなるってほどの集中力で撞いているのかは謎です。といっても、まぁそれを信じて一つづつのミスを認識しながらやるしかないですよね。

上図の球なんかは、「入れられる」っていうのがレベルによって大きく変わりそうですよね。いや、どんな球でもそうですけど。3回に1回入ればいいのか、5回に4回でいいのか、もっと高い確率が必要とされるのか。ここから先は面倒な話になりそうですが、そういう自分なりの決定の問題と、自分はどう思っているかを人にどう思われたいのか、といったあたりにも問題が隠されているんじゃないか、とふと思ったりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。