カテゴリー
雑談

厚みが見えない問題

厚みが全く見えないという球はあんまりないです。いや、「厚み」という言葉を使ってますが、厳密にはわたしは「厚み」は見てませんが。

実際には「厚み」を見ているのでなく、入れる的球と、入れたいポケットを結んだラインなり、そのラインに乗っている的球のイメージをしようとするのですが、的球とポケットがぼんやりつながった状態があります。ぼんやりつながっているというか、的球あたりのイメージとポケットあたりのイメージが別々にあって、そこがつながってないという感じですか。

ポケットと的球の中間あたりがモヤモヤしてます。そして、そのまま撞くことがしばしばあります。

こういうのって、結局、個別に潰さないといけない課題で、こういう課題に気づいて、それに対してきちんと対策しないと治らないし。数をやっていければなくなるものでもないと思ってます(たくさん撞くと、このモヤモヤ発生率自体は結構落ちるけど)

このモヤモヤをどうにかしよう、と思いたったので、それからは少しだけモヤモヤの発生条件が見えてきたり。このモヤモヤに対してどうやってアプローチするのか(アドレス時や構えた時の狙い方)というのが見えてきました。

単に、的球とポケットの間を4分割して、それぞれにイメージボールを想像して、そこを的球が転がっていくイメージするってだけなんですが。

まだまだちゃんと体得したという訳ではありませんが、結構基本的なところに穴がいっぱい空いていて、そういった穴をそのまま放置しながら球撞いているんだなー、と練習する度に気付かされます。

人に聞かれたら「A級底辺です」とか答えてるんですが、実際にはいろんなところに塞いでない穴があるどころか、超大きな穴に気づいてもいないわけですね^^;;

「厚みが見えない問題」への2件の返信

私の場合ですが、
イマジナリーポケット、イマジナリークッションレール笑を使います
的球とポケットが遠い球とかの場合ですけども
タップで的球の厚みのポイントを触りに行くイメージでキューを出すように撞いていますね
外れるときは大抵ヘッドアップしてます
それ以外のシュート率は高いので私の場合は、
ヘッドアップを特に気をつけてプレイするようにしています
忘れるんですけどね笑笑
そして負ける( ´∀`;)

ゆたかさん:
おはようございます!ヘッドアップ以外ではシュート率高いというのは良いストロークをお持ちなんですね!!うらやましいです!イマジナリーレール(クッションレール?)はわたしもしばしばイメージするんですが、視界にポケットが入っていない場合には、精度が信用できないくらい落ちるんですよね ><) たぶん、ポケットの中心に上手くレールをイメージできていないようです。あ、ちょうどいいからあとでわたしのダメなイメージを書いてみます!

わたしはタップやキュー先で、イメージボールや厚みに合わせに行こうとすると、ヒネった時に上手くできないので、なんとなくやってます!!^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。