カテゴリー
雑談

2軸とタイプ分け

物事を理解する際には、タイプ分けするタイプと、パラメータで分けるタイプの2つがありますよね。例えば、「うさぎタイプ」とか「とりタイプ」みたいなヤツと、最高ショットスピード 5.7m/sみたいなヤツ。

タイプ分けの問題点は、本来あるパラメータを無視するところでしょうか。

X,Yの2つのパラメータがAさん(+0.1,+0.1)、Bさん(+2.0,+4.5)、Cさん(-2.0,-3.5)とあった時にAさんとBさんは一緒にまとめてしまっていいのか?とか、そもそもAさんはめっちゃ平均なのでほんのわるかな差で4つのタイプに移動してしまうことなどがあります。

というわけで、タイプ分けというのはとってもナイーブな問題なんだと思ってます。

特に他者理解をするためというのはヤバイと思ってます。

一方、自己理解のためにタイプ分けを使うのはありだと思ってます。こういったフレームワークを使いながら自分の立ち位置を考える、ということですよね?

そのまま受け取るというよりもこれを通して自分のあり方を考えてみるということでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。