先日書いてた押しジャンプの件ですが、少しだけ押しジャンプのことが分かってきたような気がしますが、本当かどうかは謎です^^;;;

とりあえず、ジャンプは上をついても飛ぶんだ、と言われました。要はキューが逃げればいいよね?ってことです。たしかにそんな気がします。ただ、まだ動画の整理してませんので、暫定で^^;;

じゃあ、ジャンプで上(立てたキューから見て、中心よりも上)をつくと、どういう力がかかっているかを机上で考えてみるとこんなかんじでしょうか?

実際のインパクトの方向と、ボールの向かう方向が違うのは、キューのトビ(ズレ)を考えてもらえばいいと思います。

そして、ここでのポイントは押しは、引きよりも思ったよりも、手球は上に跳ねるってことですよね。つまり、キューを立てた時に思ったよりも、立てた状態と同様になるってかんじでしょうか?本当かどうかは分かりませんけど^^;;;

そして実際に押すとこんな感じで、キューが逃げるはずです。

ジャンプショットをスローで見てみるとわかりますが、このようにキューが逃げるのがジャンプショットの特徴です。逆にこんな感じで逃げないならばキューが手球に当たってしまうので、ダメ、と。

そして、押しジャンプがキューを立てると上手くいかない(あまりキューを立てたら使えない)のは、まさにこのキューの逃げ先の問題だと思います。

キューを立てすぎていると、手球が向こう(図でいう右側)に逃げる時間がかかるので、逃げたはずのキュー先にかぶりますよね?だから、引きジャンプと比べると押しジャンプは立てたキューで使えない(キューを寝かせないと使えない)理由でしょう。

というわけで、なんで押しのジャンプを普段しないのか、ってのが頭で理解できました^^;;;いくつか動画がとってあるんですが、整理が追いついていないので、まずはここまで:->