カテゴリー
練習

眠い中、練習。

昨日は、夜の10時から少しだけ練習してきました。朝3時起きで仕事してたためか、身体が少ししびれながら^^;;;

練習内容はいつものようにセンターショットと、苦手な球の入れです。

あ、サイドへの入れはいくら練習してもうまくなる気がしません T_T) 的球がフットスポットあたりにあって、フリのある球を流しこむって感じですね。

ただ、サイドへ入れるのが上手い上級者に聞いたところ、やっぱりその人もサイドへの入れは難しいということでしたし、練習あるのみですね。

そして、苦手球と、一人14.1を何ラックか練習した後は、CUE’sの赤狩山プロの連載の配置。ドーナツ(紙の補強に使う丸いシール)を使って、同じ配置で何度も撞いて、その後に答えを見てまた撞いてみるといった感じです。

ほっとくと、すぐに厚く出してしまうのが同じ配置を何度も撞くと分かるのがいいですよねー。あと、迂闊に1クッションでいって何度も同じミスしてることが明確に…. ><) どんだけ球ついてるんだ…

「眠い中、練習。」への4件の返信

サイドの玉ですけど 
例えば左上に穴があるとしたら、台を手前側に細長と想定して、再度の穴をコーナーの穴と仮定して厚さ突き方もコーナーに入れると考えるとつけると思います。

ただし、流し込む球はコーナーでもほとんどの人が他に選択肢があれば使わない不安定な球なので、しっかっり突いて入れて出る場所に出す練習が良いのではないのでしょうか?

この仮定のサイドに強く入れる時には、穴の右側ギリギリでないと出てきちゃうので、そこは注意ですね。

自分の場合はゼロウェイトで流し込む玉も、ちょっと強めに撞いて入れる玉も、手玉を直接サイドにスクラッチさせる練習(?)が役に立ちました。サイドってスイートスポットというか‘ここからなら入る’という芯がありません?それが分かればあとは厚みだけに集中すれば良いわけで、自分はそれで苦手意識が随分と弱まった記憶があります。

ポルさん:
コメントありがとうございます!おっしゃるように流しこむはやばいですね^^;; 逆に流しこむのはスロウの影響などもあって、厚く抜けがちなんで練習しておきたいです…基本的に弱めの球苦手なんで…
あと、狙いはポケットのレールのイメージですね…ってよく見たら、厚さだけでなく撞き方もですか…これは想像したことなかったです!!試してみます_o_

myさん:
こんにちはー。なるほどー、手球を入れるですか…試したことなかったです!やってみます(^^)//

わたしがよくある錯覚は、厚みを見るときに的球の中心(本当の中心)で見るのと、ラシャの接触面(中心の地面)を見るのとを勘違いしてしまうって奴です。逆にポケット側でラシャを見ないといけないところをポケットのブーツの高さで厚みを見てしまったり…

このあたりを少しつきこんで治したいな〜、と思ってます。実際に撞くときには、こんなこと意識しながら撞いたら抜いてしまうので、自動化していきたいな、と:->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。