カテゴリー
雑談

ポイゾンのグローブの気になるとこ

最近、ポイゾンのグローブに変えました。

すでに「ゴムつけた人、後で職員室に来なさい。」というブログで、変なところに赤いゴムがついてるので、オープンブリッジやジャンプの時に滑らなくて困るって話を書いたと思います。

 

実はあと、2点だけ気になるところがありました。

まず1点目は、オープンフィンガータイプのグローブがはじめてだったので、たぶん他でもそうなんでしょうが。レールブリッジでのサイドブレイクの際に、中指の先がグローブでなくキューにあたる、というものです。なんか違和感あります。せっかくグローブしてるのに、といった感じです。

もう1点目は、最初しばらくは気にならなかったのですが、たまに気になるといったレベルのことです。それは、的球と手球が近い球でスタンダードブリッジを組むと、左手の人差し指の第2間接の盛り上がったあたりが赤くてなんか気になる、というものです。

 

最初は気になっていなかった、もしくは気になっていることが気付かなかったのですが、やっぱり気にいなります。私の場合は顔の位置がとっても低いので超目に入ります!!

的球抜くくらい気になります!

 

(あれ?別の原因?)

 

対策は、なんとか無視する、もしくは顔を高めで構える、もしくはオープンブリッジにする、というものです。ここが赤くなければ、こんなには気にならないはずなんですが…

 

吉田万里子っぽくてカッコいいと思っていたのですが、逆効果だったか..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。