いろいろな人が書いているのをしばしば見かけますが、ビリヤードはテンションが同じくらいの人とやらないと不幸ですよね。

ここでいうテンションはビリヤードに対するテンションです。モチベーションなのかな?

例えば試合に出るプレイヤーはわいわい楽しむプレイヤーとやったり、逆に相手と話をしながらしたいようなプレイヤーはずっと無口で相撞きをするのが苦手かもしれません。

こういったテンションは人によっていつも一定ではないですよね。いつもは無口なトーナメントプレイヤーでも、たまにはわいわい楽しみたいということはあるでしょう。

と言いつつも、個人は大枠は同じような対応をしているでしょう。というわけで、わたしにはかなり苦手とするプレイヤーが複数います。

ぶっちゃけ、出会う人の10%くらいは苦手です^^;;といっても、自分は比較的ガチな雰囲気でやるのが好きな割に、実際にはそれほどビリヤードに時間をかけていないので、自分のことを棚に上げてるとも言えます。また、テンションが近くないと苦手ならば、これはお互いに思っていることになりそうです。ということはこの気持はお互い様?(対称的?)

まぁ、実際にはこのテンションの近さ以外にも、互いのスキルの差や、自分や相手の性格、そしてその時の気分といったパラメータがありそうです。その点では非対称になりそうです。

一般的には相手が自分より上手い場合や、相手がいい人ならば気にならなさそうですが。

 

と言いつつ、やはりこの違和感はお互い様なんだろうなー、という視点で考えないといけないんだなー。