カテゴリー
システム・球の動き

引きのポジショニング

ビリヤードブログはネタに困りがちですよねー。

そういう時にどうするかというと、人のネタに丸のっかりでしょうか^^;;

(あんまりやると怒られそうだけど..)

まずは、ブラッドさんのこの記事を読んでもらって。

こういう時の考え方を説明するために図を作ってみました!

IMG_0122
これで1から他の球に当たらずに2に出すということですね。ブラッドさんのとは配置少し違うけど、まぁいいや^^;;

注:この配置図をよくみると7が左上のコーナーに通ってないように見えますが、実際には7は左上のコーナーに通っているということでお考えください!!

点線が3本引いてありますが、これらは基本的に押しの限界、(縦方向が)無回転で当たった時のライン(=90度の分離)、引きの限界って感じですね。

引きは、ラシャによってカーブの具合とか変わりますが、まぁ、おおよそって感じです(たぶん本当の限界はもう少し右までいくと思うけど、そこまで私は攻めれないんでこの辺)

そうすると、この配置だと、まず大前提として少しは引かないとダメですよね。97にあたるかスクラッチなので。

そして限界まで引いてしまった時は、少しヒネらないと4に当たる可能性があるってことですね。

まぁ、実際には限界まで引いたらヒネれないので右の長クッションのあたりに出すには少し左をひねっていっぱい引くって感じでしょうか。

もっとも、上の配置図の場合は限界の半分くらいの引き加減で撞いてセンターあたりに戻すとちょうどいいって感じでしょうか。

ブラッドさんの配置図の場合は短クッションの真ん中あたりにも邪魔球があった(かわりに4の場所には邪魔球がない)ので、半分くらい引くってのではダメなんで、結構引かないとダメですけど。

 

あれ?何を書きたいんだったっけな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。