カテゴリー
観戦記・ビデオ鑑賞

ジェイソン・ショウ ハイランチャレンジ2014

今年のダービーシティーで、ジェイソン・ショウは200点以上のランを出したそうですが(←でも一位はロシアのラスラン・チハノフ)、ふと去年のジェイソン・ショウのハイランチャレンジを見てました。

ジェイソン・ショウといえば、イギリスの若手でスキル的には中堅のプレイヤーといったかんじでしょうか?わたしは、ジェイソン・ショウというのは全てがほどよくまとまっているが、特に特徴があるといった印象はありませんでした

このハイランチャレンジを見ると〜。

まず、プレイはえぇ。めちゃくちゃ早いっす。確認はちゃんとしているものの、2ラックに1回程度でしょうか?さすが”イーグル・アイ”とアダ名されるだけありますね、ほとんど確認の必要がないんでしょうか。

どこかのバスケマンガのキャラクターか、バルセロナのシャビのように台上がよく見えてるみたいです。

 

あと、ブレイクも特徴的でしょうか。めちゃ割れてますよね〜。前半の20分くらいは、ブレイクでいつもバシャーンと綺麗に散っているので、あとはポジションミスだけ気をつけながら、片付けをしているって感じでしたねー。

こんな14-1してみたいものです。(←む〜り〜)

「ジェイソン・ショウ ハイランチャレンジ2014」への2件の返信

またたびさん、
たしかに初手これって凄いっすよね^^;; スピードだけではジョン・シュミットもジェイソン・ショウも両方早い印象がありますが。ショウは適当かな〜、ってところもちょこちょこありますよねー。

逆に、このチェック量でそこまで取りきれるのは凄いなー、というところも多いですねー。

なんなんでしょうか。若さ?腕?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。