なんとなく気分転換に、キューにショートエクステンション(すごく短いヤツ)をつけて撞いてみようと思いました。

ちなみにショートエクステンションなんで持ってるの?、と問われたらプレデターは日本ではエクステンション用のバンパーゴムのみを販売してないから、です。

総代理店制で、海外から買えなくするならちゃんと小物もの販売してもらいたいなー。エクステンション用のバンパーゴムなんて、複数プレデターのキューを持ってるお得意さんしか必要ないものなのに…

さて、わたしのショートエクステンションには、デジキューブルーがくっついているので、それなりの重さです。普通のエクステンションのほうが軽いくらい。

というわけで、途中から、ショートエクステンションをやめて、普通のエクステンションをつけて球を撞いてました。

ちなみにエクステンションをつけて球をつくというのは去年か一昨年くらいに流行っていて多くの人から、パワーがあるとかなんとか聞いた記憶がありますが、そのときにはいつも、「え?重くなるだけでパワーでるなら、ウェイトボルト入れればいいんじゃない?」と思ったものです。

ただ、ウェイトボルトとエクステンションの違いは2つありそうです。1つめは、ウェイトボルトに比べるとエクステンションはバットとの接合が十分ではない可能性があること、2つめはキューが長くなることです。あ、ウェイトボルトよりもバランスが後ろになるというのもあるかもしれませんね。

おそらく1つめは関係ないし、そもそもウェイトが増えてもその分キューを振る速度が遅くなるので、おそらく最大のキュー速度は増えないだろうとは思ってます。

一方でこれはウェイトボルトを入れても同じですが、バランスが変わることで、キューの後ろ側が重くなり、押し球はつきやすくなりそうです。

とここまでは、机上で思ってたことです。実際にエクステンションを撞けてたら、意外とありかもと思いました。これ、別にエクステンションでなくてもいいのですが、単にバットが長くなったので、よりキューの後ろを持てるということです。それによって、シュートがしやすくなります。(厚みが見やすくなります) あと、これはおそらく期間限定ですが、なんだか撞きづらいので、がんばって狙います。

おそらく後者のメリットが大きいような気がしていますが。

これアリですね。唯一の欠点は、立てキューの時につきづらくなることです。あ、それより問題は場所によっては後ろがつっかえることでしょうか?キューが置いてある場所なんかも、普通のキューがひっかからないようにって場所にあることが多いので、エクステンションをつけてるとひっかかりますし。

まぁ、このあたりはプレデターのエクステンションは着脱がすぐできるので、それほど問題ではないですが。