先日アップしたミスショット集や、相撞き中の横から撮った画像を見たりして、自分の欠点について考えてました。そんな中で、ふと家で素振りをしていたら…

アリかも!!

これまで素振りはたまにしていましたが、普通のストロークで普通の軌道の球の素振りはほとんどしていませんでした。これを普通のストローク、普通の軌道の精度を高めるように素振りをシてみたら結構いける。

というか、素振りのイメージ変わりました!いや、単にまっすぐ引いて、まっすぐ出すというだけなんですが、これの精度にこだわった素振りってことですね。

といっても家で素振りしているだけなので、これを実戦に結びつけるにはまだまだいろいろと壁がありますねー。

そして、キューをまっすぐ出そうとすると、当然いろんな弊害がでてきます。弊害といっても、これまでごまかしてきたことが、ごまかしが効かなくなるといったことですね。

例えばこの球です。

 


これを左側のコーナーポケットに入れながら撞点左下という球がまったく合いません。その場所にキューを置くだけでも身体の拒否感が半端ありません。左上ならもうちょっとマシですし、右系の捻りなら全然大丈夫なんですが…

ちなみにこの球を左右反転させた、的球を右コーナーに入れながら右下というのは、こっち側よりもだいぶしっくり行き、構えることができます。そもそもまずは基本なんですが、基本の先が大量に罠が隠されてそう..

 

ちなみにここんところ仕事で使っていたPythonというプログラミング言語で、ふと画像処理の練習をしてみました。ただのブレイク練習の風景ですけど。