先日、ある人から「**さん来るよ~」との連絡が。上級者と撞くチャンスです。

というか、撞くのはともかく見てみたいので、行ってきました。そして、相撞きしてもらいました。_o_

ちなみに目的は上級者のブレイクです。現在の迷子状況の克服のヒントをなんとかもらいたいな、と。
子連れで球屋にいったために、ナインボールで5先一回だけやっていただきましたが…

参考にならない ><)

そんなにすごいハードブレイクではありませんが、十分な厚みの精度と撞点の精度があり、そしてほとんど跳ねない30-32km/hくらいのブレイクでした。ちょうどアマナイン直後ということだったので、実用的な(勝ちに行く)ブレイクだったようです。

ちなみに5先は0-5で秒殺されましたし、ブレイクを参考にしようと思っていたのですが、自分には無理なタイプのブレイクだったのであまり参考にならないな…と、思ってました。

と思ったのですが相撞きが終わった直後に三河のカリスマこと、ハードブレイカーのOさんがいらっしゃったので、ブレイクの悩みをお二人に話したところ….

ありかも。

とりあえず、そこでの話を踏まえて自分なりにブレイクを決めることができました。これまでとの違いは手球とレストの距離を少し遠くしました。これまでは1Pくらいだったのを1.2Pくらいにした感じです。これによって撞点の精度が落ちるのですが(もちろん厚みの精度も)、その分キューは水平になります。ここかな…

あと、ストロークの時のイメージもいくつか話をもらったのですが、これは全くまだ身についていないので駄目です ><)

結局、28-30km/hくらいに厚めでドンと行くブレイクを、手球をできるだけ跳ねないようにってことでしょうか。このあたりはやはりいくつかパターンが必要ですよね。

あと、レストの距離が長くなると、撞点がブレるのでこれは練習でなんとかしないといけないことですよね。うん。

とりあえず悩んでいたブレイクは、1つのゴール(目標点)を見ることができたので、それで行こうかな、と思ってます。