鈴木さんのブログを見ながら、なんか思ったことがあったんですが、忘れてしまいました^^;;;

あ、書こうと思ったうちビリヤードじゃないことだけは思い出したのですが。コメントとか記事についてです。

SNSとかが流行っておりますが、SNSに限らずブログ等のメディアは、事実を書く/感情を書く、そして自分のことを書く/自分以外のことを書くの2つの軸で考えると良いというのを以前どこかで書いた記憶があります。

そうすると、ブログの記事だとこんな感じでしょうか。

自分向け事実: 先週参加したハウストーナメントでは、5-3,3-5,5-2,3-5で、ベスト8でしたー。

他人向け事実: 先日センターショットでこんなことに気づきました(けど、参考になる人もいるんじゃないかなー、と思って書く)

自分向け感情: 先日、ビリヤード場で**という客がいたけど、超むかついた。

他人向け感情: ビリヤード場で、ついつい舌打ちしちゃうことありますよねー。例えばブレイク後に思わぬところから蹴られて、隠れちゃった時に、舌打ちは抑えられませんよね~?(読者に共感を求めるかんじで)

そして、コメントだったら

自分向け事実: あー、そっかー、ブレイクの時には、手球を引くという手もあるなー。

他人向け事実: ~と、ブログ主さんは書かれてますが、**というやり方はどう思いますか?

自分向け感情: うーん、そう思われるのはいいけど、わたしはムカつかないですけどねー。

他人向け感情: そうそう、わかりますよー。わたしもついやっちゃうんですよねー。

といった感じでしょうか?

ううむ、これだけでは分析のレベルが甘いのかな、そうするとコメントはもう一軸加えてみた方がよさそうですよね。例えばブログならば、コメント元への攻撃性をパラメータに加えてみましょうか。

攻撃的な自分向け事実: あー、そっかー、ブレイクの時には、手球を引くという手もあるなー。ブログ主には無理かもしれないけど。

好意的な自分向け事実: あー、そっかー、ブレイクの時には、手球を引くという手もあるなー。いいアイデアありがとう。

攻撃的な他人向け事実: ~と、ブログ主さんは書いてるけど、**というやり方を思いつかないってのは、まだまだだな。

好意的な他人向け事実: ~と、ブログ主さんは書かれてますが、**というやり方はどう思いますか?

攻撃的な自分向け感情: うーん、そう思われるのはいいけど、わたしはムカつかないですけどねー。器がちっちゃい?

好意的な自分向け感情: うーん、そう思われるのはいいけど、わたしはムカつかないですけどねー。

攻撃的な他人向け感情: そうそう、そういうことやる人よく見かけますよね~。人間性の問題かなー?

好意的な他人向け感情: そうそう、わかりますよー。わたしもついやっちゃうんですよねー。

こんな感じでしょうか。

あー、こうしてみると、こういったコメントをするタイプの人が想像できはじめてきました^^;;

結局、書く内容がどこを向いているかどうかじゃない攻撃性が嫌なのかなー、と思いました。