先日、「抜く理由」として書いた配置がありましたが、もうちょっと調べてみようと1時間ほどこの配置だけ撞いてみました。

基本的には左右交互に、そして的球や手球の位置は厳密に同じというわけでなく、多少散らしながら、そして力加減も毎回一定というよりも、いろいろな撞き方を試しながらやってみました。


うーん、当初の目的とはズレてきました。

なんか入れの練習に。

前回の書き方でいえば、ノンプレッシャーのときの成功率を9割から95%に上げる練習になってるし。趣旨違う!

ちなみにプレッシャーがあると激しくシュート率が落ちるので、それにはあまり関係なさそうですが..

ただ、こんなシンプルな配置でも1時間も撞けば自分のルーチンの穴が少し見えてきます。

逆にいえばわずか1時間で穴が見えてくるってのは、これまでどんだけ穴だらけで、その穴に気づかず過ごしてきたのか、と。

ビリヤードを通算では10年くらいやってると思いますが、こんな穴だらけでよくやってきたな、と思います。

普通にポケットを見る、厚みを見る、そんなあたりの普通のルーチンがザルですけど ><)