先日、捻挫した足の調子がよくなってきました。もう、右足に大きく荷重がかかる時以外は違和感がありません。

身体をテーブルに預けるような時に右足支点ではまだちょっと..

 

そしてショットのレベルが上ってくると、ブレイクの悪さが光ります^^;; 少し前はコントロールブレイクだったのですが、最近はナインボールでは自分の中ではコントロールできる範囲でのハードブレイクをしています。おそらく31-33km/hくらいのブレイクです。体重移動もしてこれですから、普通?ハードブレイカーには入らないレベルです^^;;

しかし、このブレイクめっちゃ蹴られます。ちょっと跳ねる(スピード相応といえる)ブレイクで、手球がブレイク位置と1番を結んだ直線上で、センターラインよりちょっと向こう側あたりに止まる感じです。というわけで、猛烈に蹴られます。どのくらい猛烈に蹴られるかというと、2時間くらいやっててミスじゃないブレイクは全部蹴られました ><)

というわけで、考えてみないと..

まず1つめのアイデアは、ショットスピードを落として、カットブレイクを行なう…これは最後の手段にしておいて、他の手を考えてみたいです。

2つめには、手球の位置が、長クッションから球1~1.5個くらいの位置で普段やってるのを、もう少し手球位置をセンター側にして、その分わずかに薄めに狙うという方法。(やってみよう)

そして、第3に、このハードショットのままで、サイドブレイクでなんとかする方法。というわけで、CBNTで昔の(ラックシート使っていて、ナインボールやってる頃の)男子プロの試合を見てみました…

 

結構、みんな蹴られてた ><)

ブレイクの旅はまだまだ続く。たぶん真ん中気味からですね。