どんな球でも厚く出そうとする派の人が周りに何人かいます。まぁ、B級の人が多いんですけど。

なんでだろー、と思ってました。もちろん、自分で気づけばいいんですが、それに気づかないなら、練習方法に欠陥があるという考え方もあります。やらなきゃいけないことを放置してる、と(わたしもだ!)

それはともかく、「なんで厚く出したの?」という質問をすると「薄いと入らないから」という答えはよく聞きます。わたしの感覚では次のショットを厚くしてそんなに強く撞いたり、いっぱい押したり引いたりするなら、ちょっと薄めの方が入ると思うんですけどねー。

と思ってたわけで、なんでそこまで厚く出すのかあんまり分かってませんでした。あ、ここだけは薄く出しとかないとハマるポイントがあって、それに気づかないというのはあると思ってますけど、それ以外に。

と思ってたけど、ふと考えるとわたしには見えてない2つのポイントがあるんじゃないかと気づきました。

1.少し薄く出そうと思っても、少し薄く出すという加減ができない。(めっちゃ薄く出しちゃうかもしれない)

2.厚く出してバチンと撞いて、カタカタして抜いたら、それは「惜しかった」と判断するから。(一方めちゃ薄く出しちゃってどそっぽで外したものは、どそっぽと判斷する)

1はありそうな話ですが、一方で厚く出せるならちょい薄めも出せるだろ、と思ってますが、厚めに出そうとしてちょい薄めは耐えられても、ちょい薄めに出そうとしてそこそこ薄めに出てしまったのに耐えられないということかな、と思いました(今、思いついた!)

2もよくあるヤツですよね。カタカタを「惜しい」と判断するかどうか問題。また、カタカタしたのを、そのシュートのミスと判斷するか、その前のポジションのミスと判断するか、というのもあります。まぁ、実際にはシュートのミスもある程度はあるんですが、程度問題ですよね。わたしの場合はその前のポジションミスの割合が高いと思ってますが(もちろんポジション的に仕方ない球もあるけど)

これまで「厚く出さないと入れの自信がないから厚く出す」んだと思ってましたけど、それだけでなくて「カタカタをどういうミスとみなすか」もありそうだな、と思いました。