16年ぶりに世界選手権で優勝だそうです。対戦安定はジョン・ヒギンズ。

2000年前後くらいに日本ではスカイスポーツでプレミアスヌーカーリーグをやってましたが、その時の主役ですよね。

たしか当時は

ジミー・ホワイト 速いオッサン。ただし、全盛期すぎてる。人気者。
スティーブ・デイビス かっこいいオッサン。ただし、全盛期すぎてる。人気者。
スティーブン・ヘンドリー 全てが得意なタイプ。優等生に見える。お手本。
ジョン・ヒギンズ 大きな得点はないものの、70-80点くらいのランを連発する。細かいポジショニングとかとり方上手い。
ロニー・オサリバン ノッてればすごいけど、スイッチ入ってないととたんにダメ。右手でつくか、左手でつくか、はっきりしろ(右手でつけ!)
マーク・ウィリアムズ ロングのシュート力は世界一(ノッてるロニーも同レベルだけど)。ただ、ブレイクビルディングは上の3人より劣る。

といったイメージを持ってました。

そして、わたしはマーク・ウィリアムズが好きでした。超入れるタイプ。でも、このスタイルって歳とったらつらそうですよね。

ジョン・ヒギンズみたいなタイプは歳をとってもいけそうですけど。

と思ったら!!

なんか毎日新聞のウェブニュースにも出てるし!

ちなみに趣味ごとも初期の経験は大事なのか、わたしもここ一発のロングとかはそこそこ入るタイプに成長しました(スキルのバランスとしてですけど)ジョン・ヒギンズにあこがれるべきだった..^^;;