Mezzのハイブリッドアルファの宣伝文句に「弾力性に富むX2フェーラルはスピンを向上させ手球のコントロール性能をアップさせたハイテクシャフト。」とありました。なるほど、先角が柔らかい(弾力性が高い)とスピンは増えるんですね。

まじで!

マジで!!

本当??

うーん、これ理屈でも理解できないので、最大限好意的な側に解釈しながら、どの程度スピンが増えるかを考えてみようという記事を書きかけたのですが諦めました^^;;;

まず大前提として、撞点の端を撞く以外にショットスピードはそのままでスピンだけ増やすことは可能なのか?(キューレベル変えるとかも無しで)

ぼくはないと思ってるんですが、あるのかなー。ないと思うんだけどなー。

そして、万一この現象が起こるとしても、実際のショットではどのくらいの効果が見込めるのか?

ショットスピードを仮に12km/hとします。キューのスピードはおよそ8km/h。つまり、秒速222cm/sec。そして、インパクト時間が1/1000秒と仮定すると、その間にキューが移動する距離は0.2cm/sec。つまりインパクトの距離は2mm程度。

ただし、実際に動画を見るとタップが半分くらいまで圧縮されている、そこから推測すると、インパクトの距離は3mm程度。ちなみに先角とタップの素材の柔らかさ(押してみればわかる)で、先角が2mm変形するんでしょうか?仮に1mm変形と仮定します。(実際にはこういった素材の硬度を調べないといけないけど)

わずかこの3mm程度のインパクトの中でショットスピードはそのままでスピンだけ増やすような方向への挙動ができるのか?そして、できるとしてもごくわずかではないのか?(例えばショット方向から10度くらいズレて2mm動くはずが3mmに変わったとして、どのくらいスピンが増すのか?)

もちろん、シャフトやタップがトビに影響を与えているし(タップの影響は少ないと思うけど)、明らかにダメなタップやシャフトはパワーが抜けた感じがします。でも、これらを使ってもショットスピードとスピンの比率でスピンだけ落とすってことはないと思ってます。(あるんだったら、どういう挙動するんだろう?)

こういうのを考える度に、ロボ(ショットできるアーム)があればすぐ解決するのになー、と思いますよね。Myth Destroyer(神話の破壊者)ってメウチの作ったロボでしたっけ?プレデターでしたっけ?

バネとレールでやっぱり作らなきゃですよねー。