先日、「厚みが見えない」ということで悩んでいる人がおりました。

いやー、分かるわー。

 

これに対してどうアドバイスしましょうか?(実際にはわたしはそういう時にアドバイスしないけど、考えるだけ考える)

一つは「たくさん撞いて厚み覚えなきゃね」というアドバイスですよね。わたしがB級になったばかりくらいの時に近くにいた上級者(A級の下くらいの感じでしょうか?)に、ともかくバラ球とかたくさん入れて「厚みを身体で覚えないといけない」というアドバイスを受けました。

それはある点では真実なんですよね。

 

でも、ある程度すると、そのアドバイスが鎖になってくる気がします。つまり、「たくさん撞かないと厚みは覚えられない」というアドバイスが、「たくさん撞けば厚みを覚えられる」に変わってしまう、と。

実はある程度撞きこんでいくと、抜いた時や厚みが分からないという時の対処として、「ともかくもっと撞く」ではたどり着けないのではないか、と思っています。いや、ビリヤードに相当打ち込める生活をしているならばもちろん量で行けると思いますが。

そうでないならば、「なぜ外すか?」や「なぜ厚みが見えないか」をもっと分析していくというアプローチの方が圧倒的に近道ではないかと思ってます。もちろんそのためには、同じ配置を何度も撞く必要はあるのですが、それは「ともかくたくさん撞く」のでなくて、「たくさん撞いた中で、それぞれのショットの際の自分の中の違いに気づくこと」じゃないのかなー、と。

とか偉そうなことを書いてる割には自分も相変わらずのペッポコピーなわけなんですが。