入れの精度、ダシの精度とあげようとしています。と書いてましたが、結局一人では入れの練習がメインですよね。ダシの練習と入れの練習を交互にすることで、どんどんと課題が明確になっていきます。

まぁ、課題だらけというわけなんですが ><)

ちなみに、いろいろと考えていたことがありましたが、自分で球撞きの理想を上げすぎていたので身の丈にあわせはじめました。例えばわずかにヒネリを入れて撞いていた球があるのですが、微妙なヒネリは止めて素直に真ん中を撞くことを増やしたりしています。

よくみると、撞点の選択ミスで抜いている球が多いな、と。

これ、トビがー、というよりも、真ん中を撞いていないために、ストロークがズレている(芯ならば、ストロークがシンプルで済むのに、捻ったために難しいことしてる)ことが多いためです。

ずーーーっと、AだかBだかよく分からない球をついていましたが、そろそろA級としてやっていけないかな…(ただし、道は遠すぎてようやくスタートラインに立ったくらい)