バットの影響にはとても懐疑的だったわたしですが、実際に明らかに違う(しかしプレイにどう影響するかは別)なことが分かりました。よってこれからはバットは何か影響がある派に転向します!

 

ちなみに以前、目隠し&軍手というブラインド条件で全部314シャフト(タップの種類もたしか同じ?)で、様々な種類のジョイントのバットを試すということをして、感覚の違いが分かるかというテストをしたことがあります。結構な上級者もいたのですが(ただしあまりキューに興味はない人だった)、その時は違いが感じられないという結論になってました。

あれはバットの差がそこまでなかったのか、それとも軍手といった余分なものが入っていたから感じとれなかったのか..

 

 

ところで、今度もし名古屋でオフ会やるんだったら、細長い袋を作ってバットを見えないようにしてシャフトだけ換えて、色んな人に撞いてもらってバットの差を感性的に評価してみて、バットをどのくらい感じ取れるかというのをテストしようと思ってました。

思ってました…けど、別にこれだけ違いが分かるなら人に違いが分かるんだから、自分でいける気がしてきました。

差が存在しない前提なら、ブラインドテストですが、差がある程度あるならブラインドまでやらなくていいかも、と。

ちなみに袋物も邪魔といえば邪魔なんですよねー。やはりグリップの感覚がかわってしまうので。もちろんこの袋物もグリップの当たりは中にゴムをつけて滑られないようにできないかなー、とか妄想していたいんですが..^^;;