今回は、本のご紹介です!

 

タイトルの通り、「スリークッションでキスを回避 その1」ですね^^;;

著者は、スリークッションの良い本(だと思う)をたくさん出してるAndreas Elfarです。スリークッションの本は、フランス語だったり、ドイツ語だったり、スペイン語だったり、オランダ語だったりと(ちなみに韓国語の本は持ってません)いろいろ困ることも多いのですが、こちらの本はなんと英語!

ちなみにこのシリーズはVol3まで出ています。140ページで約3000円とお高いのですが、スリークッションをやる人には価値があると思います!

ちなみにVol.1はAound Solutionということで、いわゆる大箱、裏回しの2つがテーマです。「やったー、裏回しルンルーン♪」といったもののキスに苦しむ、あるあるですよね?

なんとなく分かってる、もしくはなんとなくヤバイ気がする、ってのをこの本の配置を並べていくと分かるんじゃないかと思ってます。

これ、終わるのに何年かかるのかな^^;;

本の内容はこんな感じで配置と、キスの危険性。そして、その回避方法がいろいろなパターンで載ってるというオーソドックスなものです。同じような配置なのに突然上下反転したりというのが違和感ありますが、基本的に図はけっこうしっかりしてると思いますー。